検索結果


No1064
継承されている神楽の区分矢上系六調子神楽
神楽団名磐門神楽団
ふりがなばんもん
団長写真 
神楽団写真 
役職団長
ふりがなささき さかえ
代表者名佐々木 栄
郵便番号731-0703
旧市町村コード34365
県名広島県
旧町名大朝町
住所山県郡北広島町岩戸
HP 
団体の発足時期明治時代
団員数男13名・女5名 合計18名
年齢構成30代13名・40代2名・60代以降3名
上演の状況氏神祭り11月

競演大会イベント等出演回数 年2回程度

ふりがなあまのいわとわけじんじゃ
氏神神社名天磐門別神社
団員募集状況募集中・他地区からの入団も可
備考当団は、氏子15戸をもって構成されている小規模な団体です。特徴としては、儀式舞と呼ばれる神楽舞に特に力を入れています。儀式舞は他の舞と比べて物語性がなく、一見退屈な面があるが、舞の基本中の基本であり、なおかつ神楽たるものの知識の宝庫でもある。その神楽舞の方程式とも言うべき儀式舞をおろそかにせず、基本をしっかりとらえ、マスターし、他の舞にも生かしている。
保持演目昨今の神楽舞の芸能化に危惧を感じている。

本来の神楽のあるべき姿がきちんと伝えられていないのでは?

もっと神楽に対する知識の底上げを神楽団員レベルから計っていくべきではないだろうか。

更新済[旧舞]儀式舞:潮祓い・神迎え・胴の口・岩戸・四神・天蓋・御座

能舞:塵倫・神武・天神・熊襲・大江山・鐘馗・黒塚・八衝

2006/5/1
郵送

戻る

Generated By Dicre TCARD