検索結果


No1061
継承されている神楽の区分石見神楽
神楽団名小枝神楽団
ふりがなこえだ
団長写真 
神楽団写真 
役職団長
ふりがな 
代表者名沼田 久司
郵便番号731-2104
旧市町村コード34365
県名広島県
旧町名大朝町
住所山県郡北広島町大朝

HPhttp://www.geocities.jp/koedakagura/
団体の発足時期明治20年頃
団員数男15名・女1名 合計16名
年齢構成10代1名・20代1名・30代2名・40代4名・50代5名・60代以降3名
上演の状況氏神祭り10月

競演大会イベント等出演回数 年2回程度

ふりがなえだのみやじんじゃ
氏神神社名枝宮神社
団員募集状況募集中・他地区からの入団も可
備考大朝町で神楽が舞われたという記録は「大朝枝宮の社記」の天保13年(1842)の条に「神楽、村内若衆舞いけり」とあるのが初見で、当時は「邑智神楽」の流れをくむものだったと思われます。明治20年代半ばに石見町矢上から新たな神楽が入ってきましたが、小枝神楽団もこの頃結成したものと考えられ、当時伝えられた神楽が現在まで伝承されています。

近年では、高田舞(新舞)も習得し奉納している。

主な活動状況は、次のとおりである。

1992年香港公演、長野信州博覧会公演、広島県神楽競演大会、優秀神楽発表大会、芸石神楽競演大会、おおあさ鳴滝露天温泉神楽競演大会、天満町天満宮神楽奉納、大朝町神楽競演大会、地元神楽奉納、その他町内外イベント等において年間を通じて神楽を上演している。

保持演目団員の平均年齢が上がっており、10年前と比べ公演の機会が減った。若い団員が今年入団、1大会出場を目指し頑張っている。いずれにしても後継者不足は深刻な問題である。

更新済[旧舞]大江山・八幡・八岐大蛇・三浦・塵倫

[新舞]山姥・悪狐伝・戻り橋

2006/5/1
FAX

戻る

Generated By Dicre TCARD