検索結果


No1007
継承されている神楽の区分芸北神楽
神楽団名羽佐竹神楽団
ふりがなはさだけ
団長写真 
神楽団写真
役職団長
ふりがないのうえ ひでし
代表者名井上 秀志
郵便番号739-1807
旧市町村コード34384
県名広島県
旧町名高宮町
住所安芸高田市高宮町羽佐竹
HPhttp://hasadake.hp.infoseek.co.jp/
団体の発足時期江戸時代
団員数男20名 合計20名
年齢構成10代2名・20代4名・30代3名・40代6名・50代3名・60代以降2名
上演の状況氏神祭り9月

競演大会イベント等出演回数 年20回程度

ふりがなやまさきはちまんじんじゃ
氏神神社名山崎八幡神社
団員募集状況募集していない
備考毎年9月21日の夜に羽佐竹八幡神社へ奉納される神楽である。

 本神楽の起源については,それを知るための資料とすべきものがない。しかし,演技可能の演目は全部で34種,このうちいわゆる新舞を除いても,なお22曲という多数の旧舞がある。

 地元の所伝によれば,幕末のころ村民の垣内松太郎なる者が,石見国邑智郡阿須那の神職から神楽の伝授を受けたのが,この神楽の発祥であるという。これによって考えれば,本神楽は阿須那系神楽の大体を忠実に伝承しているとしてよい。(広島県の文化財より)

羽佐竹神楽は420有余年の歴史をもち、昭和47年、地域全戸(130戸)を会員として、羽佐竹神楽後援会を創立し、昭和54年広島県無形民俗文化財の指定を受け、平成3年には羽佐竹神楽少年団を結成し、子供たちに地域文化の学習と神楽後継者の育成にも努めている。歴史と伝統のある、羽佐竹神楽の灯を消すまいと、研鑽を重ねている。

保持演目競演大会やイベント等により、里神楽の本質が失われている感がある。画一化を計り、ショー的でただ表面の演出形式にこだわり、大衆芸能になりつつある。

地域文化として、父祖、先輩達が舞い継がれてきた、民俗文化財の永続が困難な事態になりかねない。団として今後の取り組み、方向性が大変むずかしい。

更新済[旧舞]神降し・神迎へ・岩戸・八幡・塵倫・鐘馗・天神・恵比須・大江山・八岐大蛇

[新舞]大化改新・日本武尊・悪狐伝・鈴鹿山・曽我兄弟・下り八島・葛城山・戻り橋

2006/5/1
郵送

戻る

Generated By Dicre TCARD