検索結果


No1006
継承されている神楽の区分阿須那系高田神楽
神楽団名佐々部神楽団
ふりがなささべ
団長写真 
神楽団写真
役職団長
ふりがないまだ かずあき
代表者名今田 和明
郵便番号739-1802
旧市町村コード34384
県名広島県
旧町名高宮町
住所安芸高田市高宮町佐々部
HP 
団体の発足時期明治初期
団員数男23名 合計23名
年齢構成10代2名・20代5名・30代7名・40代2名・50代4名・60代以降3名
上演の状況氏神祭り9月

競演大会イベント等出演回数 年20回程度

ふりがなささべはちまんじんじゃ
氏神神社名佐々部八幡神社
団員募集状況募集中
備考所伝によれば、神社古文書により、江戸時代中期頃、羽須美村の斉藤宮司並びに三上宮司より伝授される。昭和29(1954)年広島県の無形民俗文化財 神楽「鍾馗」演目指定される。

神楽団設立以後、栄枯盛衰を経て現在に至る。

鬼や狐がクライマックスで天蓋へ上るのが特徴です。

保持演目後継者の育成
更新済[旧舞]神降し・神迎え・八幡・鐘馗・八岐大蛇・天神・山伏・大江山・胴の口・恵美須・塵倫

[新舞]葛城山・紅葉狩・悪狐伝前編・悪狐伝中編・子持山姥・戻り橋前編・戻り橋後編・日本武尊

2006/5/1
郵送

戻る

Generated By Dicre TCARD