検索結果


No1047
継承されている神楽の区分高田舞
神楽団名本地中組神楽団
ふりがなほんじなかぐみ
団長写真 
神楽団写真
役職団長
ふりがなやまだ まなぶ
代表者名山田 学
郵便番号731-1526
旧市町村コード34366
県名広島県
旧町名千代田町
住所山県郡北広島町本地
HPhttp://www.fureai-ch.ne.jp/~nicolo/
団体の発足時期明治時代
団員数男23名 合計23名
年齢構成10代1名・20代6名・30代5名・40代5名・50代5名・60代以降1名
上演の状況氏神祭り10月

競演大会イベント等出演回数 年20回程度

ふりがなほんじなかのじんじゃ
氏神神社名本地中野神社
団員募集状況募集中・他地区からの入団も可
備考昔は旧舞が主体で舞っていましたが、現在は新舞が主流となっています。その新舞の中でも、「子持ち山姥」は各地で公演するときに好評。その他にも、子持ち山姥、紅葉狩、戻り橋、大江山、滝夜叉姫、八岐大蛇など多数の演目を有し、一年を通じて各地で演じています。

S63 西中国選抜神楽大会(加計) 優勝

H4 西中国選抜神楽大会(加計) 準優勝

H5 芸石神楽競演大会 3位

H9 広島県神楽競演大会(サンプラザ) 準優勝

保持演目今後新たな後継者をどうして育成していくか?が課題です。
更新済[旧舞]神降し・胴の口明け・八つ花・大江山

[新舞]八岐大蛇・羅生門・戻り橋・日本武尊・紅葉狩・葛城山・滝夜叉姫・子持山姥・悪狐伝

2007/5/1
ネット

戻る

Generated By Dicre TCARD