検索結果


No1033
継承されている神楽の区分新舞・旧舞
神楽団名西宗神楽団
ふりがなにしむね
団長写真 
神楽団写真
役職 
ふりがなにしむら ゆたか
代表者名西村 豊
郵便番号731-1705
旧市町村コード34367
県名広島県
旧町名豊平町
住所山県郡北広島町西宗
HPhttp://nishimune.net/
団体の発足時期明治初期
団員数男19名・女2名 合計21名
年齢構成10代1名・20代3名・30代4名・40代6名・50代2名・60代以降5名
上演の状況氏神祭り10月

競演大会イベント等出演回数 年20回程度

ふりがなにしむねはちまんじんじゃ
氏神神社名西宗八幡神社
団員募集状況他地区からの入団も可
備考西宗神楽団は、県北の神楽どころ山県郡豊平町の西宗に有り、明治の初期に西宗神楽組と組織された後に、奉楽会、西宗神楽団となり、六調子の旧舞と八調子の新舞を伝承してきました。平成7年からは新舞を美土里町横田神楽団から習い練習に励んでいます。現在では各地の神楽競演大会にも出場し、また、秋祭りやイベント等に出演しています。
保持演目若い団員が不足しており、後継者不足が一番の問題です。

また、新舞で横田の神楽を伝承しながら、西宗独自の演目作成を目指しています。

更新済[旧舞]大江山・鍾馗・西征・八幡・塵倫・那須の原の狐退治・恵比寿舞・八岐大蛇

[新舞]筑波山・紅葉狩・滝夜叉姫・吉備津彦・悪狐伝

2006/5/16
郵送

戻る

Generated By Dicre TCARD