検索結果


No2136
継承されている神楽の区分石見神楽
神楽団名大屋神楽社中
ふりがなおおやかぐらしゃちゅう
団長写真 
神楽団写真 
役職会長
ふりがなやまうち くにひろ
代表者名山内 国弘
郵便番号694-0033
旧市町村コード32205
県名島根県
旧町名大田市
住所大田市川合町忍原
HPhttp://www.geocities.jp/ohyakagura/
団体の発足時期明治5年
団員数男18名・女3名 合計21名
年齢構成10代2名・20代3名・30代2名・40代3名・50代5名・60代以降3名
上演の状況氏神祭り4月

競演大会イベント等出演回数 年40回程度

ふりがなおおやじんじゃ
氏神神社名大屋神社
団員募集状況募集中・他地区からの入団も可
備考大屋出雲神楽社中の創設は明治5年に宅野宮司「金築正直」氏の指導で結成されたものです。地元の皆様のご協力もあり、一度も絶えることなく今に伝えられています。

舞の特徴は、土地柄、神事として舞われる出雲神楽(六調子の優雅な舞)とショー的な要素が色濃く反映された石見神楽(八調子のテンポが早い舞)の折衷的な舞であることです。

昨年は、韓国に招待され、神楽を通して国際交流の一環を担うことができました。

旧:大屋石雲神楽社中(平成18年社名変更)

保持演目100件余りの小集落で、しかも山中で交通の便も悪く、若者がいない。そのため、後継者不足が深刻です。幸い他地域で立ち上げられた子ども神楽団を指導した縁で若い人が入団して活発になってきている。

やはり、激しい動きをともなう舞には若い人の力が必要であり、その確保を平日の公演には、休みにくいため断らざるをえない現状を何とかしたい。

更新済[旧舞]榊・悪切り・ござ舞・塩清め舞・八乙女・岩戸

[新舞]大蛇・塵輪・鬼岩・恵比須・弓八幡・鐘馗・日御碕・田村・黒塚

2007/1/22
郵送

戻る

Generated By Dicre TCARD