検索結果


No2105
継承されている神楽の区分出雲神楽
神楽団名深野神楽保存会
ふりがなふかのかぐらほぞんかい
団長写真 
神楽団写真 
役職 
ふりがなかわすみ よしたか
代表者名河角 義隆
郵便番号690-2313
旧市町村コード32382
県名島根県
旧町名吉田村
住所雲南市掛合町多根
HPhttp://www2.i-yume.ne.jp/~f-kagura/
団体の発足時期弘化3年には存在しました
団員数男12名 女3名 計15名
年齢構成20代2名、30代1名、40代2名、50代5名、60代5名
上演の状況氏神祭り5回、夏祭り5回、イベント10回
ふりがなふかのじんじゃ
氏神神社名深野神社
団員募集状況他地区からでも募集しています
備考深野神楽沿革の詳細は明らかではないが、弘化3年の神能記が残されている事から見ても、かなり古い時代から盛んに舞われていたと考えられる。

 深野神楽は、深野神社社家を中心にして氏子によって組織され、氏神様の例祭に舞うほか、近郷諸社の例祭などに奉納していたようである。

 しかし深野神楽も次第に後継者に欠け、大正前期にいったんその姿を消すが、70年後、再び神楽復活の気運が盛り上がり、昭和61年8月に新しい深野神楽保存会の結成を見る。以来、日夜練習に励み、各地の祭礼やイベントにその成果を発揮している。

 主な公演としては、国内では大阪公演を3回、広島公演を2回行った。また国外では、平成4年5月に第2回アメリカジャパンウイーク(オレゴン州ポートランド市)に参加、また平成14年2月にはタイ国のロイエット市とノンスクサー村で出雲文化の紹介として神楽の公演を行い、タイ国との友好親善を深めてきた。

 現在保存会員数は十五名であるが、毎週2回(火・金)集まって懸命に練習に励みながら伝統芸能の保存伝承に力いっぱい取り組んでいるところである。

保持演目 
更新済 
2006/5/4
ネット

戻る

Generated By Dicre TCARD