検索結果


No2088
継承されている神楽の区分邑智神楽(阿須那系)
神楽団名因原神楽団
ふりがないんばらかぐらだん
団長写真 
神楽団写真 
役職団長
ふりがななかがき かずお
代表者名中垣 和夫
郵便番号696-0003
旧市町村コード32441
県名島根県
旧町名川本町
住所邑智郡美郷町乙原
HP 
団体の発足時期昭和24年4月
団員数男19名・女1名 合計20名
年齢構成10代4名・20代7名・40代2名・50代3名・60代以降4名
上演の状況氏神祭り4・10月

競演大会イベント等出演回数 年7回程度

ふりがないんばらはちまんぐう
氏神神社名因原八幡宮
団員募集状況募集中・他地区からの入団も可
備考昭和25年4月”日本人の心のふるさと”神楽を末長く継承しようと、若者12名にて結成する・地元因原八幡宮の春秋の例祭に奉納をするのをはじめ、昭和36年2月より、滋賀県多賀大社の節分祭奉納神楽及び各地の神楽大会、イベント等に度々招かれる。

また平成16年4月から、春祭因原交流神楽大会を開催、陰陽神楽の交流の場として神楽振興に努めている。テンポは六調子(阿須那系)を基調としているが、神楽の真髄を逸脱しない範囲で、八調子を取り入れ、新舞にも取り組む。今後も伝統芸能の継承を守り、時代感覚にマッチした神楽に挑戦し、息長く支援される舞を演じたい。

保持演目団員の勤務職物が地元になく、県町外にて全員での練習が難しくて、練習に集合できないことが多い。(練習日・毎週火、木、土の3日間)

旧舞、新舞について、年配者と若年者との考え方に相違点があり、話し合いをして、中々まとまらなくて苦慮している。

団員の募集をしているも、中々入団者が無く苦慮している状況。

更新済[旧舞]神迎え・弓取八幡・鈴鹿山・神武・塵倫・天神・鐘馗・大江山・天の岩戸・山伏八幡・えびす舞・法印山伏・八岐大蛇

[新舞]葛城山・紅葉狩・日本武尊・滝夜叉姫

2006/5/16
郵送

戻る

Generated By Dicre TCARD