検索結果


No2071
継承されている神楽の区分大元神楽
神楽団名井原神楽団
ふりがないばらかぐらだん
団長写真 
神楽団写真 
役職団長
ふりがなおくたき くにお
代表者名奥滝 邦雄
郵便番号696-0101
旧市町村コード32446
県名島根県
旧町名石見町
住所邑智郡邑南町中野
HP 
団体の発足時期明治10年
団員数男15名 合計15名
年齢構成30代2名・40代5名・50代5名・60代以降3名
上演の状況氏神祭り10月

競演大会イベント等出演回数 年2回程度

ふりがなおりいじんじゃ
氏神神社名折居神社
団員募集状況募集中・他地区からの入団も可
備考旧来は伝え継がれた伝統芸能を継承し4年に1度の大元神楽を中心に地元で公演していましたが、近年では地元での恵比寿講や農協の陰陽競演大会で毎年披露したり、特に平成5年に米国公演を行って以来、広島・宮崎・京都・神戸などでの公演を盛んに行ってきました。

舞い方は旧舞ですがテンポは少し速く、旧舞の深みと調子の変化が舞をメリハリのあるものにしています。

保持演目年齢構成のように団員の高齢化が著しい上に、高齢者の死亡により団員数は減少していくという神楽団そのものの維持も危ぶまれる状況にあります。勧誘活動は続けているのですが、地域の特性からか現状の打開には至っていません。
更新済[旧舞]四方堅、四剣、岩戸、鐘馗、太鼓口、黒塚、刈面(鞨鼓)、神武、塵輪、恵比寿、天蓋、大蛇

自作として新雲ヶ渕

2006/5/2
郵送

戻る

Generated By Dicre TCARD