検索結果


No1020
継承されている神楽の区分八調子高田神楽(石見神楽阿須那系)
神楽団名広森神楽団
ふりがなひろもり
団長写真 
神楽団写真
役職団長
ふりがな 
代表者名森井 章
郵便番号731-0612
旧市町村コード34383
県名広島県
旧町名美土里町
住所安芸高田市美土里町本郷
HPhttp://www8.plala.or.jp/syutendouji/
団体の発足時期明治時代
団員数男20名・女7名 合計27名
年齢構成10代4名・20代9名・40代1名・50代7名・60代以降6名
上演の状況氏神祭り10月

競演大会イベント等出演回数 年20回程度

ふりがなひろもりじんじゃ やまなかじんじゃ
氏神神社名広森神社 山中神社
団員募集状況募集中・他地区からの入団も可
備考広森神楽団は明治の頃から盛んに活動していたようです。途中、戦争や団員不足などにより活動は何度か中断されました。しかし、伝統芸能である「神楽」を伝承し、地域の活性化をはかりたいとの有志の呼びかけにより、昭和56年に、再結成されました。そして、この伝統ある神楽を末永く伝承していくために「こども神楽団」の結成や、地域外からの団員も受け入れ、現在、27名の団員で活動をしています。

近年、活動は活発になり町内の神楽ドームでの定期公演のほか各地でのお祭りや、競演大会にも出場できるようになりました。

再結成25周年を迎え、ますます練習を重ね、広森の「たのしい神楽」・「わくわくする神楽」をたくさんのかたに見ていただきたいと思います。

保持演目なやみは人です。こども神楽を結成して継承者を育成しても、こどもたちは高校・大学・就職と年毎に町外へ出てゆきます。当団は、幸いにも団員数は確保できていますが、将来的には不安です。
更新済[旧舞]神降し・恵比寿・八幡・塵倫・天岩戸・大江山・八岐大蛇

[新舞]伊吹山・壇浦・土蜘蛛・戻り橋・山姥・滝夜叉姫・悪狐伝中編・日本武尊 他

2006/5/1
郵送

戻る

Generated By Dicre TCARD