検索結果


No1142
継承されている神楽の区分十二神祇
神楽団名阿刀神楽団
ふりがなあとかぐらだん
団長写真 
神楽団写真 
役職団長
ふりがないわもり のりお
代表者名岩森 憲雄
郵便番号731-3272
旧市町村コード34105
県名広島県
旧町名安佐南区
住所広島市安佐南区沼田町吉山
HP 
団体の発足時期江戸時代
団員数男16名・女4名 合計20名
年齢構成10代3名・20代5名・30代3名・40代3名・50代4名・60代以降2名
上演の状況氏神祭り10月

競演大会イベント等出演回数 年3回程度

ふりがなあとみょうじんじゃ
氏神神社名阿刀明神社
団員募集状況募集中・他地区からの入団も可
備考阿刀神楽は広島県の安芸南部から山口県の周防東部及び四国伊予地方に見られる十二神祇系の神楽です。この神楽は現在の形は文化、天保(19世紀前半)の頃、この地で「武芸筆道」を指南していた難波一甫流の達人、宇高宗助の指導で柔術の技が神楽の舞の中に取り入れられたと伝えられている。

昭和40年広島県無形民俗文化財に指定されました。

保持演目後継者作り、確保が今後の課題
更新済鼓の口開け 湯立舞・煤掃き・神降し・しめ口・恵美須舞・荒神・五刀・鬼退治・天の岩戸・所務分け・世鬼・将軍
2006/5/2
郵送

戻る

Generated By Dicre TCARD